HOME ≫ くらしすとEYE ≫ 相続・贈与終活 ≫ 遺言書を書く ≫ ② 遺言書の作成には細心の注意を
くらしすとEYE
くらしすとEYEくらしすとEYE
掲載:2016年1月15日

遺言書を書く

 

遺言書の作成には細心の注意を2遺言書の作成には細心の注意を

心配な人は公証人に依頼を

 遺言書には「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の2種類があります。遺言書にはさまざまな規定がありますので、作成するにあたっては注意が必要です。ここでは2種類の遺言書の違いと、「自筆証書遺言」を作成するにあたっての注意点を紹介します。
 公正証書遺言書は公証人が遺言者に代わって作成する遺言書です。自筆証書遺言書を作成するのが不安だったり弁護士に依頼するのが面倒という人は最初から公正証書の形をとったほうがよいでしょう。また、公正証書遺言書は公証役場で保管されますから、金額が大きい場合など、毀損や滅失、改ざんといった心配がないので安心です(表2)。

■表2 自筆証書遺言と公正証書遺言の比較

 自筆証書遺言公正証書遺言
作成者遺言者自身公証人
作成費用0円手数料が必要

(相続財産の額によって異なる)

作成後の確認弁護士などに確認してもらったほうが良い不要
保管場所自宅など

(毀損、滅失、改ざんの心配大)

公証役場
(毀損、滅失、改ざんの心配小)
家庭裁判所の検認必要不要

自筆証書遺言書は必ず手書きで

 公的な書類でも電子申請が増えてきましたが、遺言書は必ず手書きで作成します。何かトラブルがあったときに、被相続人本人が自らの意思で作成したということを証明するためです。

(例)

遺言書注意点

(その他の注意事項)

遺言書を執行する弁護士がいる場合、その旨と弁護士名も入れる。
筆記具はボールペン、万年筆、筆など何を使っても良いが、消えたり変質したりするものは避ける。
用紙は何を使っても良い。
完成したら封筒に入れて閉じる。表には「遺言書」、裏には遺言者の住所・氏名を明記する。
この記事はいかがでしたか?
ボタンを押して評価してください。
この記事の感想をお寄せ下さい。
ねんきんNAVI
ねんきんNAVIねんきんNAVI 一覧はこちら
記事一覧ねんきんABC

「年金のしくみは?」「どんな年金がいつからもらえるの?」〜年金制度のキホンのキからわかるQ&A集です。

記事一覧ねんきんAtoZ

「こんな時、年金はどうなるの?」〜ライフイベントの折々での手続き・しくみをピンポイント解説します。

記事一覧ねんきん手続きガイド

届出をする前に知っておきたい、年金手続きの流れから必要書類などの準備まで、予備知識をご案内します。

記事一覧ねんきん用語集

『ねんきんNAVI』の解説とリンクした用語集。制度の専門用語を始め、年金に関わる用語を網羅しています。

 

遺言書を書く

年住協アプリ
年金住宅福祉協会 年金住宅融資をご利用の皆様へ
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:加入済み保険の保険おまとめ支援サービスをご利用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:確定申告の医療費控除支援サービスをご利用ください
年金制度の基本的なしくみから、年金受給の方法やライフイベントの折々での手続きまでねんきんNAVI(ねんきんAtoZ、ねんきんABCなど)をご利用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービスの各種をご利用ください
年金について知りたいことを年住協アプリ「年金WEB質問箱」からご質問ください
一般財団法人 年金住宅福祉協会のホームページです
bottom_sidecontent
このページのトップへ
ページトップへ