HOME ≫ 年金広報 ≫ Topics ≫ ② 議員が受給している老齢厚生年金の一部または全部が支給停止に

くらしすと年金広報

︱2015.10.15 10月号 (通巻676号) Vol.31

掲載:2015年10月15日
topics

議員が受給している老齢厚生年金の一部または全部が支給停止に

 被用者年金制度の一元化に伴い、老齢厚生年金を受けている議員は、議員報酬の月額および期末手当の額と年金額に応じて、年金の一部または全額が支給停止となる(平成27年10月分~)。議員は下記の場合に届出を行う必要がある。

  • 議員が老齢厚生年金の受給権者になったとき(または老齢厚生年金受給権者が議員になったとき)
  • 期末手当の支給を受けたとき
  • 議員報酬の月額に変更が生じたとき
  • 議員を辞めたとき
  • 所属する議会の事務局の証明をうけたうえで、管轄する年金事務所に「国会議員または地方公共団体の議会の議員に係る老齢厚生年金在職支給停止(解除)届」を提出する。

【支給停止額の計算】

 従来の老齢厚生年金の在職支給停止額と同様の計算方法で、60~64歳・65歳以上に分けて年金額の基本月額と総報酬月額相当額より計算する。

平成27年10月前から在職していた人には激変緩和措置

 平成27年10月前から議員だった人については、ほかの10月以前からの在職者同様、支給停止額が急増することを避けるために次のような配慮される。


《次のいずれか低い方を支給停止額上限とする》

①~③のいずれか低い額
①(総報酬月額相当額+基本月額-28万円)×1/2(65歳未満の場合)
② 基本月額と総報酬月額相当額の合計額の10%
③ 基本月額と総報酬月額相当額の合計額より35万円を控除した額

次へ
この記事はいかがでしたか?
ボタンを押して評価してください。
この記事の感想をお寄せ下さい。
  • ねんきん
    ABC
    • 年金制度ってどんな仕組み?
    • 保険料はどうなっている?
    • 年金はいくらもらえるの?
    • 年金の手続きはどうする?
  • ねんきん
    AtoZ
    • 年金の給付
    • 年金の受給要件
    • 障害年金の支給要件と支給額
    • 遺族年金の支給要件と支給額
  • ねんきん
    手続きガイド
    • 老齢年金受給手続き
    • 障害年金の受給手続き
    • 遺族年金の受給手続き
    • 老齢・障害・遺族年金に 共通の諸手続き
  • ねんきん用語集
  • 遺族年金、厚生年金保険料、
    障害年金、老齢厚生年金 など

ねんきんNAVI:ねんきんABC

年金広報
  • トピックス
  • 年金講座
  • 市区町村VOICE
  • バックナンバー
bottom_sidecontent

ねんきんNAVI:ねんきんABC

年住協アプリ
年金住宅福祉協会 年金住宅融資をご利用の皆様へ
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サコンテンツ:年住協のお役立ち手続きガイドをご活用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:退職後の確定申告支援サービスをご利用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:加入済み保険の保険おまとめ支援サービスをご利用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:確定申告の医療費控除支援サービスをご利用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービスの各種をご利用ください
年金について知りたいことを年住協アプリ「年金WEB質問箱」からご質問ください
一般財団法人 年金住宅福祉協会のホームページです
bottom_sidecontent
このページのトップへ
ページトップへ