HOME ≫ 年金広報 ≫ Topics ≫ ② 改正マイナンバー法成立 ~基礎年金番号の連結を延期し預金口座への適用は平成30年から

くらしすと年金広報

︱2015.9.15 9月号 (通巻675号) Vol.30

掲載:2015年9月15日
topics

改正マイナンバー法成立 ~基礎年金番号の連結を延期し預金口座への適用は平成30年から

 平成27年9月3日に改正マイナンバー法(「社会保障と税の共通番号法」)が衆議院本会議で可決、成立した。改正マイナンバー法はマイナンバーの利用範囲を金融や医療などの分野に広げることを目的としたものだが、平成27年6月に日本年金機構で発生した個人情報流出問題を受けて日本年金機構がマイナンバーを扱う時期の延期についても定めている。年金分野でのマイナンバー制は本来、平成28年1月より実施する予定だったが、平成27年8月27日の衆議院で「マイナンバー法」の修正案が可決し、マイナンバーと基礎年金番号の連結は、当初予定していた平成28年1月から最長で29年5月まで延期されることとなった。日本年金機構がマイナンバーを使って情報を提供したり、照会したりすることも最長で平成29年11月まで延期される。
 なお、改正マイナンバー法のなかで預金口座への適用は平成30年からとし、税の徴収漏れや生活保護の不正受給などを防ぐため、金融機関に対して個人の預金情報をマイナンバーで検索できる管理を行うことを義務づけている。
 また、改正マイナンバー法と一体で審議され成立した改正個人情報保護法では、蓄積された大容量の個人データをビッグデータとして企業が利用しやすいようにすることを定める一方で、情報の漏洩に対しては罰則を科すことを定めている。

次へ
この記事はいかがでしたか?
ボタンを押して評価してください。
この記事の感想をお寄せ下さい。
  • ねんきん
    ABC
    • 年金制度ってどんな仕組み?
    • 保険料はどうなっている?
    • 年金はいくらもらえるの?
    • 年金の手続きはどうする?
  • ねんきん
    AtoZ
    • 年金の給付
    • 年金の受給要件
    • 障害年金の支給要件と支給額
    • 遺族年金の支給要件と支給額
  • ねんきん
    手続きガイド
    • 老齢年金受給手続き
    • 障害年金の受給手続き
    • 遺族年金の受給手続き
    • 老齢・障害・遺族年金に 共通の諸手続き
  • ねんきん用語集
  • 遺族年金、厚生年金保険料、
    障害年金、老齢厚生年金 など

ねんきんNAVI:ねんきんABC

年金広報
  • トピックス
  • 年金講座
  • 全国都市国民年金協議会
  • バックナンバー
bottom_sidecontent

ねんきんNAVI:ねんきんABC

年住協アプリ
年金住宅福祉協会 年金住宅融資をご利用の皆様へ
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サコンテンツ:年住協のお役立ち手続きガイドをご活用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:退職後の確定申告支援サービスをご利用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:加入済み保険の保険おまとめ支援サービスをご利用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:確定申告の医療費控除支援サービスをご利用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービスの各種をご利用ください
年金について知りたいことを年住協アプリ「年金WEB質問箱」からご質問ください
一般財団法人 年金住宅福祉協会のホームページです
bottom_sidecontent
このページのトップへ
ページトップへ