HOME ≫ 年金広報 ≫ Topics ≫ ⑥ 平成26年障害年金受給者実態調査の結果

くらしすと年金広報

︱2016.1.15 1月号 (通巻679号) Vol.34

掲載:2016年1月15日
topics

平成26年障害年金受給者実態調査の結果

 厚生労働省は平成27年12月25日、「平成26年障害年金受給者実態調査の結果」を公表した。この調査は平成26年12月1日~26日に、障害年金の受給者23,000人を調査客体として行われたもので、有効回答数は16,769件(回答率72.9%)となっている。
 この結果、受給者全体で27.6%(男性33.9%、女性20.1%)が就業していることがわかった(表1)。内容は「常勤の会社員・公務員等」が38.9%と最も多く、次に「臨時・パート等」が26.8%となっている。性別にみると、男性は「常勤の会社員・公務員等」(43.5%)が最も多く、女性は「臨時・パート等」(40.7%)が最も多くなっている。1週間の就労時間は男性が「30~40時間」、女性が「0~10時間」が最も多くなっている。就労収入(昨年1年間)は「50万円未満」が最も多い。一方で、「ほとんど家庭内で過ごす」という人もいずれの等級でも高く、全体で39.7%、厚生年金だけをみると48.1%となっている。
 治療・療養・介護にかかった費用を障害等級別にみると、厚生年金の場合は、1級・2級は「1万円~5万円」が最も多くなって おり、3級は「0円~5千円」が最も多くなっている。また国民年金の場合は、1級・2級とも に「0円~5千円」が最も多くなっている。
 世帯の年間収入(年金を含む)について中央値をとると、全体では183万円となっており、これは国民生活基礎調査における世帯の年間所得金額における中央値415万円よりも低くなっている。このなかで、本人の年金は重要な位置を占めている(表2)。

図版見出し表1 制度・等級、性別就業率

制度・等級、性別就業率

図版見出し表2 制度・等級、主な収入源別構成割合

制度・等級、主な収入源別構成割合
前へ
この記事はいかがでしたか?
ボタンを押して評価してください。
この記事の感想をお寄せ下さい。
ねんきんNAVI
ねんきんNAVIねんきんNAVI 一覧はこちら
記事一覧ねんきんABC

「年金のしくみは?」「どんな年金がいつからもらえるの?」〜年金制度のキホンのキからわかるQ&A集です。

記事一覧ねんきんAtoZ

「こんな時、年金はどうなるの?」〜ライフイベントの折々での手続き・しくみをピンポイント解説します。

記事一覧ねんきん手続きガイド

届出をする前に知っておきたい、年金手続きの流れから必要書類などの準備まで、予備知識をご案内します。

記事一覧ねんきん用語集

『ねんきんNAVI』の解説とリンクした用語集。制度の専門用語を始め、年金に関わる用語を網羅しています。

 
年金広報
  • 特別寄稿
  • トピックス
  • 年金講座
  • バックナンバー
bottom_sidecontent
年住協アプリ
年金住宅福祉協会 年金住宅融資をご利用の皆様へ
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:加入済み保険の保険おまとめ支援サービスをご利用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:確定申告の医療費控除支援サービスをご利用ください
年金制度の基本的なしくみから、年金受給の方法やライフイベントの折々での手続きまでねんきんNAVI(ねんきんAtoZ、ねんきんABCなど)をご利用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービスの各種をご利用ください
年金について知りたいことを年住協アプリ「年金WEB質問箱」からご質問ください
一般財団法人 年金住宅福祉協会のホームページです
bottom_sidecontent
このページのトップへ
ページトップへ