HOME ≫ 年金広報 ≫ Topics ≫ ② 再審査の20歳前障害基礎年金受給者、80%が支給継続

くらしすと年金広報

︱2018.11.15 11月号 (通巻713号) Vol.68

掲載:2018年11月15日
topics

再審査の20歳前障害基礎年金受給者、80%が支給継続

 日本年金機構は2018年10月17日、「平成29(2017)年度において1年後再審査とした20歳前障害基礎年金受給者(1,010人)の審査結果等について」公表した。障害年金審査業務は、それまで各都道府県で行われてきたものが、2016年10月から2017年4月にかけて段階的に障害年金センターに集約された。これに伴い同センターが行った審査では、2017年度において、20歳前障害による障害年金受給者のうち1,010人が「1年後再審査」の対象となったため、対象者には2018年度に改めて診断書の提出を求め、再審査を実施した。
 再審査の結果は、1,010人のうち、死亡した人、2018年度診断書送付前に障害状態が悪化した人、診断書の提出がなかった人を除いた954人中、823人が支給継続となった。支給停止となったのは67人、照会中の人は64人であった(表1)。支給停止の67人は2018年11月分から支給停止となる。この他、すでに支給停止となっていた人が1,531人おり、再審査の結果、このうち57人(2016年度4名・2017年度53名)については、支給停止が取消となり、停止した月に遡及して支給を再開する
 なお、20歳以後の障害については2018年度で648人が支給停止になっており、うち、187人が支給停止の取消で停止月まで遡及しての支給再開となった。また、93人については支給停止が継続される(表2

※2016年度・2017年度において支給停止となっていた20歳前障害の人1,531人には精神・知的障害者1,089人が、20歳以後障害の人3,811人には精神・知的障害者1,779人が含まれるが、精神・知的障害者の認定については、障害年金センター集約前の2016年9月から実施している「精神の障害に係る等級判定ガイドライン」において、「既認定者の障害の状態が従前と変わらない場合については、当分の間、等級非該当への変更は行わないことを基本とする」こととされており、今般の審査は今回の診断書と前回の診断書との比較であるため点検対象となってない。

図版見出し表1 20歳前の障害による障害基礎年金の1年後再審査とした1,010人の審査結果

図版見出し表2 障害基礎年金の支給停止者にかかる最審査結果

次へ
この記事はいかがでしたか?
ボタンを押して評価してください。
この記事の感想をお寄せ下さい。
  • ねんきん
    ABC
    • 年金制度ってどんな仕組み?
    • 保険料はどうなっている?
    • 年金はいくらもらえるの?
    • 年金の手続きはどうする?
  • ねんきん
    AtoZ
    • 年金の給付
    • 年金の受給要件
    • 障害年金の支給要件と支給額
    • 遺族年金の支給要件と支給額
  • ねんきん
    手続きガイド
    • 老齢年金受給手続き
    • 障害年金の受給手続き
    • 遺族年金の受給手続き
    • 老齢・障害・遺族年金に 共通の諸手続き
  • ねんきん用語集
  • 遺族年金、厚生年金保険料、
    障害年金、老齢厚生年金 など

ねんきんNAVI:ねんきんABC

年金広報
  • トピックス
  • 年金講座
  • 市区町村VOICE
  • バックナンバー
bottom_sidecontent

ねんきんNAVI:ねんきんABC

年住協アプリ
年金住宅福祉協会 年金住宅融資をご利用の皆様へ
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サコンテンツ:年住協のお役立ち手続きガイドをご活用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:退職後の確定申告支援サービスをご利用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:加入済み保険の保険おまとめ支援サービスをご利用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:確定申告の医療費控除支援サービスをご利用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービスの各種をご利用ください
年金について知りたいことを年住協アプリ「年金WEB質問箱」からご質問ください
一般財団法人 年金住宅福祉協会のホームページです
bottom_sidecontent
このページのトップへ
ページトップへ