HOME ≫ くらしすとEYE ≫ 年金・社会保険 ≫ 年金を学ぶ ≫ 【第6回】『繰上げ受給の減額率見直し』を学ぶ①
くらしすとEYE
くらしすとEYEくらしすとEYE
掲載:2022年9月15日

年金を学ぶ【第6回】
『繰上げ受給の減額率見直し』を学ぶ①

過去2回に亘って、2022年4月から改正となった年金受給開始年齢の繰下げについて解説をしてきました。今月からは年金受給年齢の繰上げについての解説です。

繰上げができる年齢(60歳~65歳)は以前と変更がありません

年金の受給開始は65歳からが原則ですが、60歳以降になると、繰上げて受給をすることが可能です。この繰上げができる年齢(60歳~65歳)は以前と変わりありません。

様々な事情により、年金を65歳よりも早く受け取りたい場合は、「老齢基礎年金・老齢厚生年金 支給繰上げ請求書」と呼ばれる書類を年金事務所に提出します。後に述べる「特別支給の老齢厚生年金」の受給対象者は別のフォーマットとなりますので、ご注意ください。

繰上げ受給の減額率見直し:「老齢基礎年金・老齢厚生年金 支給繰上げ請求書」と呼ばれる書類を年金事務所に提出する
日本年金機構HPより(PDF:319KB)」より抜粋

減額率が0.5%から0.4%に減。繰上げする年金受給者には有利に

2022(令和4)年4月からの年金制度改正により、繰上げ受給の減額率が下がります。 1ヶ月あたりの年金の減額率が0.5%から0.4%となります(昭和37年4月2日以後生まれの人が対象。つまり令和4年度以降に60歳になる方)。

繰上げ受給の減額率見直し:減額率が0.5%から0.4%に減。繰上げする年金受給者には有利に
日本年金機構HPより(PDF:319KB)」より抜粋

本来の65歳という年齢より早く受け取るわけですから、当然65歳になってから受給できる金額よりも、年金額は減額されます。しかし、その減額される幅が以前より少なくなるということなので、受け取る方から見れば、悪い話ではありません。

これまで減額率が高すぎて使いにくかった繰上げ受給が、使いやすくなりました。ご自身のライフプランを立てる際に、新たな選択肢として念頭に入れておきたいところです。

厚生年金の特別支給と混同しないこと

注意事項として、「特別支給の老齢厚生年金」と混同しないことが挙げられます。 特別支給の老齢厚生年金とは、昭和60年の年金制度の法律改正により、老齢厚生年金の受給開始年齢が60歳から65歳になった際の経過措置として、その方の年齢によって受け取れる厚生年金を早くする仕組みを言います。既得権益の確保ですね。

2022(令和4)年現在で65歳に達していない方でも、この特別支給を受給できる方がいらっしゃいます(男性で昭和36年4月1日まで、女性で昭和41年4月1日までに生まれた方)。

この特別支給はあくまで経過措置です。老齢厚生年金と一緒に繰上げることは可能ですが、繰下げることはできません。
特別支給の受給ができる旨の年金請求のご案内は、受給開始年齢に達する3ヶ月前に日本年金機構から本人宛に届きます。年金には時効(5年)がありますので、手続きが遅れると、受給できるはずの金額を受け取れなくなってしまうかもしれません。
書類が届いたら、「特別支給の老齢厚生年金」の請求手続きは早めに行いましょう。

寡婦年金や障害年金を受けることができなくなる

年金の繰上げは使いやすくなったとはいえ、減額以外のデメリットがあることも事実です。

前提として、一度年金の繰上げを行えば、その後の変更はできません。
つまり、以下に述べるようなデメリットにぶつかったとしても、取返しがつかないのです。

例えば、繰上げ受給をしたその後に自身が障害を負った場合や、寡婦(夫と死別して再婚していない方)になった場合でも、障害年金や寡婦年金を受け取ることができなくなります。60歳から65歳というと、年齢的にも障害や寡婦のリスクがありますので、見逃せないデメリットとなります。

また、この期間に受け取る年金額は在職老齢年金の対象となりますので、働き方によっては、年金額を減額される可能性があります。
年金を早く受けったのにその分減額されたら、繰上げをする意味もかなり薄くなってしまいます。

現在の生活そのものに不安のある方には使える制度

現在は企業側に65歳までの雇用義務があります。国としては65歳まで働いてほしい、というのが本音でしょう。

一方で、健康その他何らかの理由で60歳以降に働けないケース、子どもの学費や親の介護費用負担など金銭的な問題を抱えているケースなど、個々の事情で今、年金を受け取らないと生活が安定しない、という方もいらっしゃいます。

このような方にとって、最終手段として検討できるのが、この年金の繰上げ受給制度なのです。使う場合はデメリットも含めて、本当にその制度を使うことが必要なのか、慎重な判断が求められるとご認識ください。

次回は、具体的な数字を使い、年金受給年齢を繰上げた場合と、繰り上げなかった場合との比較検証を行い、繰上げ受給の生活に与える影響を検証していきます。

執筆者プロフィール

年金を学ぶ【第6回】『繰下げ受給の年齢上限引上げ』を学ぶ 執筆者:特定社会保険労務士 村田 淳(むらた あつし)

特定社会保険労務士 
村田 淳(むらた あつし)
ソフトウェア会社のコンサルタントを経て平成29年に開業。産業カウンセラーの資格を持ち、主に10人未満の企業を中心に、50社以上の顧問企業から、毎日のように労務相談を受けている。「縁を大事にする」がモットー。

年金を学ぶ【第6回】『繰下げ受給の年齢上限引上げ』を学ぶ 執筆者:特定社会保険労務士 林 良江(はやし よしえ)

特定社会保険労務士 
林 良江(はやし よしえ)
板橋区役所年金業務に10年以上携わり、現在も同区資産調査専門員として勤務しながら、令和4年より障害年金を中心に事務所を開業。「ひまわりの花言葉;憧れ・崇拝・情熱」が自分のエネルギー源。

【繰上げ受給の減額率見直し】について、もう少し学びたい方は「くらしすとEYE」をご参照ください。

【ねんきんNAVI:ねんきんABC】年金制度ってどんなしくみ?
【ねんきんNAVI:ねんきんAtoZ】年金の受給開始年齢

- 次回予告 -

『繰上げ受給の減額率見直し』
を学ぶ②

次回、くらしすとEYEの年金を学ぶ【第7回】では、
"『繰上げ受給の減額率見直し』を学ぶ②"
を更新予定でございます。
くらしすとEYEは「毎月15日」に更新を行います。

メールで更新をお受け取りご希望の方は、
更新メールサービス」よりご登録お願いいたします。

【おすすめ支援サービス】

年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:加入済み保険の保険おまとめ支援サービスをご利用ください 年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:確定申告の医療費控除支援サービスをご利用ください

【年金情報「ねんきんNAVI」】

年金制度の基本的なしくみから、年金受給の方法やライフイベントの折々での手続きまで、わかりやすく解説します。

  • ねんきんNAVI:ねんきんABC
  • ねんきんNAVI:ねんきんAtoZ
  • ねんきんNAVI:ねんきん手続きガイド
  • ねんきんNAVI:ねんきん用語集

年金WEB質問箱:年金について知りたいことを年住協アプリ からご質問ください 年金WEB質問箱:年金について知りたいことを年住協アプリ からご質問ください

ねんきんNAVI:ねんきんABC

年住協アプリ
年金住宅福祉協会 年金住宅融資をご利用の皆様へ
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:加入済み保険の保険おまとめ支援サービスをご利用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:確定申告の医療費控除支援サービスをご利用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービスの各種をご利用ください
年金について知りたいことを年住協アプリ「年金WEB質問箱」からご質問ください
一般財団法人 年金住宅福祉協会のホームページです
bottom_sidecontent
このページのトップへ
ページトップへ