HOME ≫ 年金広報 ≫ Topics ≫ ④ 平成29年2月より現況届に住民票添付またはマイナンバー記入が必要

くらしすと年金広報

︱2017.2.15 2月号 (通巻692号) Vol.47

掲載:2017年2月15日
topics

平成29年2月より現況届に住民票添付またはマイナンバー記入が必要

 住民基本台帳ネットワークシステムへの登録がない人については、本人が「年金受給権者現況届(現況届)」を日本年金機構に提出することで健在が確認されているが、2月からは現況届の提出の際には住民票を添付するか、マイナンバーを記入することが必要となる(誕生月が2月以降の人から順次対応)。日本年金機構から送付された現況届にマイナンバーを記入するときには、同時にマイナンバーカードまたは通知カードの番号記載面のコピー等を添付する。年金事務所またはホームページに備え付けの現況届にマイナンバーを記入する場合は日本年金機構による確認作業(地方公共団体情報システムや日本年金機構で作成した特定個人情報ファイルとの照合)が発生する。

次へ
この記事はいかがでしたか?
ボタンを押して評価してください。
この記事の感想をお寄せ下さい。
年金広報
  • 新春座談会
  • トピックス
  • 年金講座
  • クローズアップ
  • バックナンバー
bottom_sidecontent
年住協アプリ
bottom_sidecontent
加入済み保険の保険おまとめ支援サービス
確定申告の医療費控除支援サービス
ねんきんNAVI
年住協支援サービス
年金WEB質問箱
一般財団法人 年金住宅福祉協会
このページのトップへ
ページトップへ