HOME ≫ ねんきんNAVI ≫ ねんきんAtoZ ≫ 項目別 問題一覧 ≫ 転職したとき ≫ 厚生年金基金に加入している人の保険料はどのように計算されるのですか?
ねんきんNAVI
ねんきんNAVIねんきんNAVI
ねんきんAtoZ
ねんきんAtoZ
保険料の計算方法
厚生年金基金に加入している人の保険料はどのように計算されるのですか? 質問厚生年金基金に加入している人の保険料はどのように計算されるのですか?
回答

厚生年金基金に加入している人の厚生年金保険料は、一般の保険料率から免除率を控除した率となります。免除保険料率は加入している厚生年金基金によって決められており2.4〜5.0%となっています。一般保険料率は18.300%ですが、免除保険料率が2.4%の厚生年金基金では15.900%、5.0%の厚生年金基金では13.300%となります。

厚生年金基金とは

 厚生年金基金は、1966(昭和41)年に発足した企業年金基金の運営組織です。加入者(加入企業の社員)に対して、厚生年金に上乗せして給付を行うことで老後保障の充実化を図っています。また、厚生年金の一部を国に代わって支給することも行っています(代行部分)。加入者が負担する掛金社会保険料控除の対象となり、事業主が負担する掛金は全額損金とみなされ、税制上の優遇措置が認められています。

厚生年金基金の加入と掛金

【加入】

 個人ごとではなく、企業単位で加入します。

【基金標準掛金】

 厚生年金保険料と同様に、毎月の給料と賞与に対して「基金標準掛金」を事業主と折半して加入している厚生年金基金に納付します。加入者は厚生年金保険料に加えて掛金が給料から天引きされます。掛金率は厚生年金基金によって異なりますが、厚生年金保険料率に免除保険料率を設けることで、掛金を加えても厚生年金保険料だけの場合と大きな差が出ないように、厚生年金基金ごとに配慮されています。加入年齢の上限は厚生年金保険と同様、69歳までです。

〈厚生年金基金に加入していない人の場合〉〈厚生年金基金に加入している人の場合〉

【その他の掛金】

 掛金には加入者と事業主が折半で納める「基金標準掛金」のほか、不足金の補てんにあてる「基本特別掛金」や「加算特別掛金」、基金独自の上乗せ給付の原資に充てる「加算標準掛金」、基金の業務に当てる「事務費掛金」等がありますが、これらは事業主の全額負担となります。

 厚生年金基金に加入している人は通常の厚生年金保険料に加えて厚生年金基金の掛金を納めます。掛金は保険料同様に標準報酬月額に掛金率(事業主と折半)を掛けて計算します。

厚生年金基金に加入している人の厚生年金保険料率(一般) 厚生年金基金に加入している人の厚生年金保険料率(一般)
厚生年金保険基金の
免除保険料率
厚生年金
保険料率
厚生年金基金加入者の
厚生年金保険料率(%)
2.4%18.300%15.900
2.5%15.800
2.6%15.700
2.7%15.600
2.8%15.500
2.9%15.400
3.0%15.300
3.1%15.200
3.2%15.100
3.3%15.000
3.4%14.900
3.5%14.800
3.6%14.700
3.7%14.600
3.8%14.500
3.9%14.400
4.0%14.300
4.1%14.200
4.2%14.100
4.3%14.000
4.4%13.900
4.5%13.800
4.6%13.700
4.7%13.600
4.8%13.500
4.9%13.400
5.0%13.300
厚生年金基金に加入する人の平成29年10月分からの厚生年金保険料額(一般)*免除保険料率2.4%の場合 厚生年金基金に加入する人の平成29年10月分からの厚生年金保険料額(一般)*免除保険料率2.4%の場合
標準報酬報酬月額
(円以上〜円未満)
保険料(円)
(保険料率=15.900%)
等級月額 事業主被保険者
88,000093,0006,996.006,996.00
98,00093,000〜101,0007,791.007,791.00
104,000101,000〜107,0008,268.008,268.00
110,000107,000〜114,0008,745.008,745.00
118,000114,000〜122,0009,381.009,381.00
126,000122,000〜130,00010,017.0010,017.00
134,000130,000〜138,00010,653.0010,653.00
142,000138,000〜146,00011,289.0011,289.00
150,000146,000〜155,00011,925.0011,925.00
10160,000155,000〜165,00012,720.0012,720.00
11170,000165,000〜175,00013,515.0013,515.00
12180,000175,000〜185,00014,310.0014,310.00
13190,000185,000〜195,00015,105.0015,105.00
14200,000195,000〜210,00015,900.0015,900.00
15220,000210,000〜230,00017,490.0017,490.00
16240,000230,000〜250,00019,080.0019,080.00
17260,000250,000〜270,00020,670.0020,670.00
18280,000270,000〜290,00022,260.0022,260.00
19300,000290,000〜310,00023,850.0023,850.00
20320,000310,000〜330,00025,440.0025,440.00
21340,000330,000〜350,00027,030.0027,030.00
22360,000350,000〜370,00028,620.0028,620.00
23380,000370,000〜395,00030,210.0030,210.00
24410,000395,000〜425,00032,595.0032,595.00
25440,000425,000〜455,00034,980.0034,980.00
26470,000455,000〜485,00037,365.0037,365.00
27500,000485,000〜515,00039,750.0039,750.00
28530,000515,000〜545,00042,135.0042,135.00
29560,000545,000〜575,00044,520.0044,520.00
30590,000575,000〜605,00046,905.0046,905.00
31620,000605,000〜635,00049,290.0049,290.00
32650,000
635,000〜
51,675.0051,675.00
この記事はいかがでしたか?
ボタンを押して評価してください。
この記事の感想をお寄せ下さい。
  • ねんきん
    ABC
    • 年金制度ってどんな仕組み?
    • 保険料はどうなっている?
    • 年金はいくらもらえるの?
    • 年金の手続きはどうする?
  • ねんきん
    AtoZ
    • 年金の給付
    • 年金の受給要件
    • 障害年金の支給要件と支給額
    • 遺族年金の支給要件と支給額
  • ねんきん
    手続きガイド
    • 老齢年金受給手続き
    • 障害年金の受給手続き
    • 遺族年金の受給手続き
    • 老齢・障害・遺族年金に 共通の諸手続き
  • ねんきん用語集
  • 遺族年金、厚生年金保険料、
    障害年金、老齢厚生年金 など

ねんきんNAVI:ねんきんABC

ねんきんNAVI:ねんきんABC

年住協アプリ
年金住宅福祉協会 年金住宅融資をご利用の皆様へ
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:加入済み保険の保険おまとめ支援サービスをご利用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービス:確定申告の医療費控除支援サービスをご利用ください
年金住宅福祉協会がご提供の年住協支援サービスの各種をご利用ください
年金について知りたいことを年住協アプリ「年金WEB質問箱」からご質問ください
一般財団法人 年金住宅福祉協会のホームページです
bottom_sidecontent
このページのトップへ
ページトップへ